fiat magazine ciao!

#500

Vol021_pix01_ttl
LIFESTYLE

オーナー紹介〜「ALL JAPAN FIAT ABARTH MEETING」

全国に拡大しつつある500(チンクエチェント)オーナーの輪。 ミーティングの会場にお邪魔してみると、オーナーさんたちが500とともに集い、互いのクルマについて語り合うステキな時間が流れていました。     トイプードルのボス君と一緒に参加していたのは、500オーナーになってもうすぐ3年が経つという青島佳代子さん。 元々キャブレター付きのクルマに乗っていたこともあるというだけあって、最初に500に興味を持ったキッカケはルパン3世に登場するNUOVA 500だったそうです。実際に通勤に使う実用性を考えてみたところ、現行モデルの500に心が動いたのだとか。 「それまで乗っていた日本車のスモールカーも乗り心地は良かったのですが、毎朝通勤ですれ違うステキな輸入車がいて、それがFIAT 500だったんです。デザインも可愛いし、コレを買おうと心に決めていました。何年かして頭金を貯めてようやく購入。今では毎日の通勤に使っています」と、500との出会った思い出を語っていただきました。 青島さんは頻繁にドライブするということで、所有されている1.2Lエンジンを搭載したPOPの実用燃費がどうか伺ってみると、 「通勤の時に30kmとか100km以上の長距離を走る時もありますが、ECOモードを使って走ると22〜24km/L程度で走れることもあるんです。燃費がいいのにストレスも感じませんし、可愛いクルマに乗ることができて自己満足しています。毎日が楽しいです!」と500と過ごす毎日を心から楽しんでいる様子が伝わってきました。     そして、貴重なヒストリックカーでお越しのお二人を発見。レッドのボディに水色の2本のストライプが走るジャンニーニ 590 GTコルサで来場していたのが丹羽隆さんです。 このモデルは車体が1967年式で、ジャンニーニ本社が1992年頃に古い車体を集めてリメイクしたもの。ハードトップのルーフは手動でスライドできるものになっていました。     ひときわ目を惹いていたのが、頼もしい走りを予感させるエンジンルーム。丹羽さんによれば、「エンジンは自然吸気の650ccですが、ノーマルと比べると高回転で力強さを発揮する特性をみせるタイプです。走ると安定感もあるし、街乗りでも意外と乗りやすいですよ」とのこと。 イタリアのヒストリックカーが集まる走行会など、ミニサーキットも走らせているということで、運転席と助手席にはホールド性を高めたバケットシートや4点式のシートベルトも装着していました。 「どんなシーンで一番気持ちよく走れますか?」と伺ってみると、「このクルマは乗っているだけで気持ちがいいんです。何年経っても古さを感じさせないですし、乗れば乗るほど愛着が湧いてくるのがこのクルマのいいところですね」と語っていただきました。歴史を歩んできた特別なモデルが今なお元気に走っている姿を拝見できたことをとても嬉しく思います!     時刻は昼下がりということで、500のリヤハッチを開けて昼食を食べている親子を発見しました。ボサノヴァ ホワイトの1.2L POPにお乗りのオーナーの村岡哲朗さんと3歳の宗一郎君です。 後席にはチャイルドシートが2つ装着されている様子。すかさず伺ってみると、3歳の宗一郎君の他にも3ヶ月のお子さんが一人、奥様を含めた4人家族で500に乗ってドライブに出掛けるそうです。 子育て家族で何故スモールカーの500を選択したのか質問してみると、「本当はもう少し大きいクルマが欲しいと思っていたのですが、デザインが良くて、内装がお洒落な500に惹かれました。中でも、ボディと同色のダッシュボードや赤と白のツートンカラーのシートが気に入っています」と一言。 実際にどうやって使っているのか興味津々で伺ってみると、「500のボディサイズは小さいですけど、4人が乗っても言うほど窮屈ではないんです。乳児を乗せるA型ベビーカーも積めますし、子育てファミリーの方も恐れずに乗ってみて欲しいですね」と、頼もしいコメントをいただきました。 「500はちょっと乗っているだけでも楽しいクルマです。うちの子供はすれ違う500を見つけると『赤とか青のウチのブーブーが走ってる!』って言うんです」と、お子さん自身も500が気に入っている様子を話して頂きました。 「実は僕より先に、嫁さんが地元のディーラーで見つけてひと目惚れしちゃったんです」と村岡さん。奥様の価値観を家族みんなで共有できるって素敵なことですね! 会場では、500オーナーさんらしいユニークな演出も来場者を楽しませていました。     青空に映えるレッドのボディカラーが視線を集めていたNUOVA 500。リヤに背負った革製のトランクにはステッカーでデコレーションされていて、楽しげなムードを盛り上げていました。     ダッシュボードの上にFIATのロゴ入りのパーカーを着用したテディベアが置かれている500を発見。3匹が仲良く並んでいて微笑ましいですね。     リヤゲートを開けたら、トノカバーの上の緑地に500が集う空間を演出している500。500らしいユニークな世界を作り上げたオーナーさんに拍手!     手作りのカバーが掛けられたヘッドレスト。停車しているのに、ドライブのワクワク感が伝わってくるようです。     1/1の500たちをバックにミニカーも勢揃いしていました。 500のミーティングだから、彼らも立派な参加車両ですね。 500のオーナーズ・ミーティングで出会ったオーナーさん達の十人十色のライフスタイル。これからも500と共にステキな毎日をお過ごしください!     藤島知子(モータージャーナリスト) 幼い頃からのクルマ好きが高じて、スーパー耐久のレースクイーンを経験。その一年後、サーキット走行はズブの素人だったにもかかわらず、ひょんなことから軽自動車の公認レースに参戦することになる。以来、レースの素晴らしさにどっぷりハマり、現在は自動車雑誌やWeb媒体で執筆活動する傍ら、箱車にフォーミュラカーにと、ジャンルを問わずさまざまなレースに参戦している。 […]

Vol028_pix01_ttl
DRIVING

楽しい運転のために〜ファブリックシートのお手入れに挑戦!

ドライブを快適に楽しむために、車内環境はいつでも清潔に保っておきたいもの。中でもイタリアンデザインを施したFIAT車のシートはハイセンスなデザインのものが多く、クルマ自体のキャラクターを形成する大切なパーツのひとつです。 ところで、みなさんは愛車の車内清掃をするさい、シートのケアはどうされていますか?   お手軽にファブリックシートをお手入れ! シートの材質はレザーやファブリックといった素材を用いたものがありますが、今回はファブリック(布)素材を用いたシートのお手入れについて、自分でできるクリーニングの方法をご紹介していきたいと思います。     ① ゴミとホコリを取り除く     まず、最初に行いたいのが細かなゴミやホコリを取り除くことです。 シートやフロアマットはゴミやホコリをそのまま放っておくとダニが発生しやすくなるため、数ヶ月に一度は清掃されることをオススメします。 やり方としては、シートを叩いてホコリを浮かせた後、掃除機でゴミを吸い取っていきます。縫い目や凹みなどに細かなゴミが入り込んでいることがあるので、市販されているブラシ付きのアタッチメントを使うとゴミを掻き出しながら吸い取ることができるのでオススメです。     ② ファブリックに染みこんだ汚れを取り除く 布素材を用いたシートの場合、表皮にコーティングが施されたレザーシートと比べて、素材自体に油や水分が染みこみやすい分、不意にこぼしてしまった飲食物のシミや夏場の汗染みなども気になるものです。また、何年も乗り降りを繰り返していると、摩擦で汚れが積み重なってしまうことがあるので、汚れが付いていることに気づいたら、洋服のシミ取りと一緒で、繊維に染みこんでしまう前に早めの処置を心がけたいものです。     今回はクルマのシートやカーペット洗浄用のインテリア・シャンプーで、界面活性剤を含んだアルカリ性の溶剤を使用してみます。注意点としては、洗浄剤を用いる場合、先ずは目立たない箇所(シートの裏地など)でテストをして、シミにならないか確認してから使用します。     シートの表面にクリーナーを吹きかけて湿らせていき、2〜3分程置いたあと、水に濡らして硬く絞ったウエスで叩いたり、抑えたりしながら汚れを吸い取っていきます。汚れが落ちにくい時はキレイな水で湿らせたスポンジで叩いたり、軽く擦ったりしながら汚れを落とします。それでも落ちない頑固な汚れは繰り返し作業を行っていきます。     ③ 水分を拭き取る   汚れが落ちたら、乾いたウエスで残った水分を吸い取っていきます。 この時、シート内部に水分が残るとカビの原因になりやすいので、水分の吸い取り効果の高いマイクロファイバーやスポンジなどを使うと良いでしょう。 ついでなので、レザーステアリングもお掃除。     表面にコーティングが施されているレザーの場合、水で濡らして絞ったウエスで拭きとるだけでも汚れは落ちていきます。汚れが沈着してしまう前にマメなお手入れをしておけば、汚れも簡単に落としやすいものです。   ④ しっかりと乾燥させる   シートは水気を拭き取っても、わずかに水分が残ってしまうので、最後にしっかりと乾燥させていきます。晴れて湿度の低い日であれば、日向にクルマを置いてドアや窓を開け放って換気するのも良いですが、そうしたことが出来ない場合は、ドアと窓を閉め切ってエアコンを使う方法もあります。その際、外気循環+エアコン+暖房に設定すると良いでしょう。   ⑤ 作業を終えて   じつはこのシートは筆者自身が3年半乗っている愛車のファブリックシート。 ロングドライブの際についてしまったシミや汚れが気になってきたところでしたが、作業をする前は汚れが落とせるかどうか不安もあり、なかなかチャレンジできないでいました。とはいえ、デザインが魅力のクルマだけにシートのシミは気になってしまうばかり。実際に自分でお手入れしてみると、意外と簡単な作業で清潔感のある状態が保てることから、もっと早くお手入れしておけば良かったと思いました。 適切なケアを心がけることで愛車とのドライブを楽しく快適に。 みなさんもお試しになってみてはいかがでしょうか。     藤島知子(モータージャーナリスト) 幼い頃からのクルマ好きが高じて、スーパー耐久のレースクイーンを経験。その一年後、サーキット走行はズブの素人だったにもかかわらず、ひょんなことから軽自動車の公認レースに参戦することになる。以来、レースの素晴らしさにどっぷりハマり、現在は自動車雑誌やWeb媒体で執筆活動する傍ら、箱車にフォーミュラカーにと、ジャンルを問わずさまざまなレースに参戦している。 […]

NEWS

「2012 Happy Birthday FIAT 500」in 葛西臨海公園

今年で5回目となる500(チンクエチェント)のバースデーイベント、『HAPPY BIRTHDAY FIAT 500 FIAT 500 PIC-NIC 2012』を葛西臨海公園(東京)にて開催。   公園内の駐車場にカラフルに並んだ500。イベントに参加されたFIATオーナーのみなさまの愛車、150台以上が勢ぞろいです。     発売したばかりの「500 TWINAIR SPORT」と「500 TWINAIR SPORT PLUS」も仲間入り。バースデー仕様にスペシャルラッピングしております!     ご家族、カップル、仲良しグループなどなど、今年は500人を超えるお客様にご来場いただきました。     恒例のFIAT CAFFÉ特製ランチボックスとオリジナルクッキー。美味しく召し上がっていただけましたでしょうか?     バイオリニスト 水谷美月さんとギタリスト 塙一郎さんによるMUSICアクティビティではイタリアンソングにあわせてみんなでダンス!     モンスターズさんによる新聞アートワーク。新聞紙で500の帽子を作りました。こちらは塗り絵コーナー。お子さまたちは500のデコレーションに夢中の様子。     こちらではアーティスト Mirey HIROKIさんによるお絵描きワークショップを開催。みんなで500にかわいいお花を咲かせましたよ。     クイズ大会は正解者多数の為抽選に。豪華賞品の登場でイベントの盛り上がりは最高潮に。。。     最後は全員でハッピーバースデーソングの大合唱!今年もみなさまと楽しく500をお祝いすることができました。ご参加くださった皆様、来年もまたお会いしましょう!!   […]

Vol027_pix01_ttl
LIFESTYLE

愛知県・チッタナポリのチンクエチェント博物館に行ってみよう!

ファン必見の「チンクエチェント博物館」! 博物館と一言で言ってみても、さまざまなジャンルのものが存在していますが、500(=チンクエチェント)ファンにとって、一度訪れてみたい博物館と言えば、歴史に名を刻んできた貴重なモデルに会える『チンクエチェント博物館』ではないでしょうか。 チンクエチェント博物館は、愛知県の知多半島の先端に位置するチッタナポリの敷地内の一角に存ります。こちらの施設は、穏やかな海に面した立地を生かした、イタリア的ムードを採り入れたリゾート地。私たちは名古屋方面から知多半島道路、南知多道路を伝って南下、豊丘ICを降りて一般道を10分ほど走り、丘の上の博物館に到着しました。 建物の1階にあるフロアには、小さなボディの500たちがズラリと並んでいます。クルマが見渡せる一段高い場所にはカフェテーブルがありますが、ここでは入場者にエスプレッソが振る舞われます。 また、隣の部屋にはFIATのミニカーやステッカーなど、レアアイテムも含めてさまざまなグッズが展示されています。     深津さんに聞く! 博物館の楽しみ方! 普段は目にすることができない歴史的なモデルや貴重なアイテムに心を惹かれてしまう空間。まずは副館長の深津さんにこの博物館の楽しみ方について、お話を伺ってみました。 深津「自動車の博物館というと、1台1台をじっくり眺めていくことが一般的ですが、ここでは500と共に過ごす時間を楽しんでいただくというスタイルをとっています。館内は見渡せてしまうほどの小さなスペースなので、クルマもインテリアの一部として観てもらいながら、500と一緒に時間を楽しんで欲しいですね。」 窓の外には知多湾の海に浮かぶ島々。リゾートらしい景色の中、歴代のFIAT 500に囲まれていると、クルマ談義に花が咲き、当時のクルマ達が活躍していた時代背景に自然と興味がそそられていきます。     また、ここでは現行モデルの500とNUOVA 500(1957年-1977年)とのボディサイズやボディ色、ディテールの違いを比べてみて欲しいとのこと。そうすることで、1950年代に登場していたNUOVA 500のパッケージングの完成度の高さを再確認できるといいます。 深津「歴代のモデルを見ていくと、戦争の影響などでボディに使用される鉄が手に入りにくく、鉄の使用量を抑えるために前方投影面積を減らしたシルエットに工夫して作られていた時期もあるようです。それに対して、現在は原材料が手に入れやすくなり、プレスの加工技術も進化したことで、Pandaのようにがっちりとした四角いボディ形状のクルマも存在してきたりと、時代が持てる技術と経済環境がクルマ作りにも反映されているようです。」     大衆車を作るという目的の下で生まれたトポリーノは、水冷式の直列4気筒エンジンを前車軸の前方に搭載するという、当時としても画期的な手法が採用されたクルマ。なおかつ、空力性能にも優れた曲面ボディが特徴ですが、美しいスタイリングでありながら、乗員の居住スペース確保に配慮されているパッセンジャーカーです。     こちらの展示車は、1957年に発表されたNUOVA 500で、現行の500のデザイン・モチーフとされています。この車両は、1957年の最初期に、半年間だけ生産されていたという『プリマ セーリエ ファースト シリーズ』。 今ではコレクターズアイテムにもなっているというこの貴重なモデルは、サイドウィンドウが開かないタイプで、後部座席を持たない2シーターであることが特徴です。 同年、FIATは内外装をグレードアップした500スタンダードを発売。このスタンダードが大ヒットとなり、500の人気は急激に上昇しました。後部座席が取り付けられた4シーターのスタンダードは、サイドウィンドウが開くように実用面も改善されていたそうです。 また、博物館には、さまざまなカロッツェリアがボディの製作を手がけたユニークな作品も存在しています。     そのひとつが白いオープンボディをもつ1959年式の『500 GHIA JOLLY(ギア ジョリー)』。カルマンギアでその名を知られるGHIA社が手がけたオープンスタイルのビーチカーは、ルーフやドアを持たない、割り切った設計になっています。シートは籐編みになっていて、水着で座ってもOK。イタリアのビーチ周辺は狭い道が多く、小さなボディをもつ500が活躍していた様子が目に浮かびます。     そして、赤いラインがボディサイドを走るこちらの勇ましい500は、1958年に登場したというNUOVA 500 SPORT(スポルト)。ABARTHが手がけたモデルは、サスペンションがスポーティなものに変更され、エンジンのチューニングやメーターを変更するなど、ファインチューニングが行われていました。     伊藤さんに聞く! 500と過ごす魅力とは? 歴代の500に魅せられたユーザーたちとともに、さまざまなイベントを提案している伊藤さん。500と共に過ごすライフスタイルの魅力について、お話を伺ってみました。 伊藤「500がもたらすものは、その人によって違うと思います。例えば、同じ属性をもつ人同士で仲間意識を共有したい場合、クルマを持つことでオフ会に参加することもできます。500をネタに話をするというのも、楽しい時間ですよね。 道具としてクルマを見た場合、現代のクルマは各部の部品の精度が上がって、信頼性が増したことも嬉しい事です。500は個性的なクルマですが、壊れにくい分、余計な心配が少なくてすみますし、安心して購入することができます。もちろん、普段から遠慮無く乗ることができるクルマです。 国産車などのコンパクトカーと比較すると、500はとてもフルートフルなニュアンスを与えてくれるクルマだと思っています。500に乗ると、今まで気がつかなかったことに気づくようになる。「エンジンのフィーリングが気持ちいい」とか、「インテリアのデザインがいい」とか、人によって受けとめる部分は違いますが、これまで目的地までの単純な移動手段だったはずのクルマが、移動する過程が楽しくてウキウキするようになる。つまり、移動することが単なる目的ではなくなるのです。     さらに、クルマ自体が可愛く思えてくる。まるで恋愛対象のように思えてくることがあるのです。 例えば、人を好きになると、その人についてもっと知りたいという感情が芽生えることがあります。やがて、その人の興味の対象を調べて共感しまったりする。クルマは機械や物と同じはずなのに、500は人からそうした感情を引き出してしまうことが凄いことだと思います。つまり、500は人を変えてしまうくらいのエネルギーをもった存在といえるわけです。 […]

1 12 13 14